当社は、 法律事務所を開業しようと考えた時に、
じっくり相談いただける Webマーケティング支援企業です。

開業のご検討を開始したなら、
当社の個別無料相談(士業向け個別相談件数最多)を
ご利用ください。

法律事務所開業時のホームページについて

弁護士(法律事務所) の開業を開業場所のパターンでご説明いたします。

20 万人~ 50 万人規模の首都圏近郊都市の町弁

当社の扱う独立・開業サポートで増加率(受任件数の増加率)の1番多いものに首都圏近郊の町弁(マチベン)があります。

町弁(マチベン)のWebマーケティング活用の効果を考えると適している町の規模は原則、

20万人~50万人程度の都市
人口10万人以上の都市
大都市
小都市・町村

という位置付けになると思います。中核市、特例市規模の20万人以上50万未満程度の都市については首都圏、地方ともに当社の関与数が増加しています。

つまり、うまくいきやすいのです。

当社は全国対応で地方の法律事務所様も多く手がけさせていただいたおりますが、事務所が東京にありますので、増加率が一番多い顧客層は首都圏近郊・町弁(マチベン)ということになります。また、上記の説明では市町村での区分けを意識してりますが、当然駅単位でも併せて考えます。

20万人~50万人規模の地方都市の町弁

当社の扱う独立・開業サポートで増加率(受任件数の増加率)の2番目に多いものに地方都市の町弁(マチベン)があります。

町弁(マチベン)のWebマーケティング活用の効果を考えると適している町の規模は原則、

20万人~50万人程度の都市
人口10万人以上の都市
大都市
小都市・町村

という位置付けになると思いますが、地方都市の場合、中核市・特例市程度の規模であれば大都市圏の同様の規模と比較しでもWebマーケティングで結果を出しやすくなります

首都圏と地方の人口10万人~20万人規模の都市の町弁

当社の扱う独立・開業サポートで増加率(受任件数の増加率)の3番目に多いものに首都圏・地方問わず人口10万人~20万人程度の中規模都市の町弁(マチベン)があります。

原則は人口20万~50万規模の都市が弁護士のWebマーケティングには適していますが、周辺の状況によっては人口10万人~20万人規模でも十分な結果を得られます。

具体的には八千代市、佐倉市、小山市、足利市、上田市、刈谷市などがこの規模にあたります。

大都市での開業

東京、横浜、大阪での開業については、現状はある程度の数のご相談を受けていますが、昔に比べると横ばいか減少という状況です。

Webマーケティングを行う場合、結果はニーズとライバル(Webに力を入れている事務所の数)で決まりますので、弁護士は東京、横浜、大阪への集中が過度なためかなりやりにくい状況となっています。

例えば新橋、渋谷、新宿、池袋などで町弁的に開業するのであれば何等かの工夫は必ず必要です。

地方の小都市・町村の町弁

Webマーケティングの難易度で行くと他のページでご説明したように20万人~50万人程度の都市>人口10万人以上の都市>大都市>小都市・町村になってしまいます。

前提としてはある程度の市場がないとWebマーケティングでの成功は難しいと言えます。つまり弁護士をネットで探す総数が全くなければ如何ともしがたいのです。

しかし、これはあくまでも前提です。当社は地方の数万人規模の都市でWebマーケティングにおいて成果を上げている事務所様にも関与させていただいております。

弁護士の 独立開業相談室 無料相談受付中

全国対応フリーダイヤル:0120-122-177(平日10:00~20:00)

ご予約いただければ土日祝日・夜間も面談対応いたします。